このブログを検索

2019-02-14

心尖拍動 坐位

  • 弁膜症による慢性左心不全の症例(坐位で記録/呼吸停止なし)

心尖拍動は通常は仰臥位で確認して,その後左半側臥位でも評価する(触知率が上昇するため).立位あるいは坐位で心尖拍動を認めることは必ずしも多くないが,視認すれば心拡大を疑う.特に本例のように,心尖拍動の最外側点が鎖骨中線より外側&心尖拍動が2肋間以上で観察できれば,心拡大の確率が高い.

過去の投稿 👻
  • 仰臥位の心尖拍動による心拡大の評価 ➜ コチラ

松下記念病院 川崎達也)

2019-02-07

過剰心音 三兄弟

  • Ⅳ音(Ⅰ音直前の過剰心音)




  • Ⅲ音(Ⅱ音直後の過剰心音)




  • Ⅳ音+Ⅲ音(四部調律のギャロップ)





  • 上記の過剰心音はいずれも低調成分であり聴診器のベル側をそっと当てた時にのみ聞こえる
  • ベル側の押し付けや膜側では聴取不能(本例のように雑音がない症例ではⅠ音とⅡ音のみになる)

👶 頭で考えなくても条件反射で診断できるまで聞き込みたい(英語耳ならぬ心音耳をつくる👂)

松下記念病院 川崎達也)

2019-01-31

👴 歴史クイズ

(パブリックドメイン)


松下記念病院 川崎達也)

2019-01-26

心尖拍動と心拡大

前壁心筋梗塞の既往がある症例の仰臥位での心尖拍動


心拡大ありと判断できる所見は…
  • 仰臥位で心尖拍動の最外側点が胸骨正中より10cm以上離れている場合(鎖骨中線より外側あるいは男性なら左乳房より外側でも判定可能)➜ 本例ではあり
  • 心尖拍動が2肋間以上で観察可能できる場合 ➜ 本例ではなし

👶 心尖拍動による心拡大の有無の判定は,胸部X線の心胸郭比を用いた評価より信頼できる.ただし仰臥位での心尖拍動は約半数でしか触知できない.左半側臥位での心尖拍動の触知率は約7割と上昇するが,心尖拍動が1~2肋間以上外方へ変位することがあるため,心拡大の判定にはお薦めしない.

松下記念病院 川崎達也)

2019-01-19

頸静脈クイズ

  • 整形外科病棟から頻脈発作に対する診察要請があった
  • 意識は清明で血圧は保たれている/頻脈は突然発症



松下記念病院 川崎達也)