このブログを検索

2019-08-22

右 vs 左(心尖拍動の舌圧子)

  • 連合弁膜症による慢性左心不全例の心尖拍動

🔎 解釈
  • 心尖拍動は収縮期に陥凹している(中央動画).同所見は収縮性心膜炎で有名であるが本例にはない.左動画では舌圧子が収縮期に体側に移動しているが,右動画では舌圧子が収縮期に外側に動いていることに注目
  • 舌圧子を用いた心尖拍動の評価は”てこの原理”の応用であるため,支点と力点によって作用点の方向や程度が大きく変化することに注意が必要.常に収縮時間>拡張時間を意識(Ⅰ音とⅡ音でも同じ ➜ コチラ).
  • 本例は聴診でⅣ音とⅢ音あり.視診では心房収縮によるatrial kick(抬起性拍動の直前でⅣ音を反映)は分かりやすいが,左室急速流入によるventricular kick(拍動直後でⅢ音を反映)ははっきりしない(と思う).

松下記念病院 川崎達也)

2019-08-19

👴 歴史クイズ

(Public Domain)



松下記念病院 川崎達也)

2019-08-15

a波と枕の有無

  • 心尖部肥大型心筋症として無投薬でフォローしている症例の頸静脈(左=枕なし/右=枕あり)

👿 解釈
  • いずれの動画でも内頸静脈で増高したa波が目立つ.これは肥大型心筋症の特徴で,コンプライアンスの低下した心室に対する心房の頑張りを反映している.高さ約10cmの枕(≒10cm血柱)をもろともしない心房のパワーに脱帽.x谷やy谷は枕あり(右動画)の方が観察しやすいと思われるが,これには枕による圧勾配が影響している(と思う).一方,外頸静脈は枕なし(左動画)の方が明瞭に観察できる.

関連投稿 💤

松下記念病院 川崎達也)

2019-08-12

心音クイズ

【問題】息切れで来院した症例の心音(心尖部で記録).診断は?









判定




松下記念病院 川崎達也)

2019-08-08

頸静脈クイズ

  • 動悸と息切れを訴えて来院した冠動脈バイパス術後の症例


frog sign
松下記念病院 川崎達也)