このブログを検索

2021-05-13

あっ!

心不全に対して加療した症例の左眼


フィジカル 広場 心臓 physical exam examination クスマール
松下記念病院 川崎達也)

2021-05-10

喉仏サイン Adam's apple sign

薬剤を自己中断して増悪した慢性心不全症例

🍏 所見の解説
  • 通常呼吸時には座位で頸静脈拍動を視認しない(座位陰性).一方,深吸気保持では外頸静脈の怒張が出現(クスマウル徴候陽性)するため,中心静脈圧は潜在的にある程度上昇していることが推察される.
  • よく見ると前頸静脈(Anterior jugular vein)も密かに怒張している.個人的には喉仏サイン(Adam's apple sign)陽性と呼んでいる.頸静脈といえば内頸と外頸だけど,正面にいるのに目立たないシャイな前頸静脈も忘れないように.

🍎 独り言
  • 喉仏(Adam's apple)は俗称で,正式には喉頭隆起(laryngeal prominence?) です.なぜなのかですが,仏教では火葬時に喉仏が綺麗に焼き上がると四十九日を待たずに極楽浄土行きが決まるといわれているからだそうです.軟骨部だけを取り出すと,座禅したお坊さんやお釈迦さん,阿弥陀さんの結跏趺坐(けっかふざ)した姿に見えるという説もあるようです().しかし喉仏がうまく焼け残るには骨密度と火加減が重要だそうです.現在の火葬では喉頭隆起は焼けてしまい残らないので,仏事では第二頸椎を喉仏と呼んでいるようです().

💁 クスマウル徴候に関する過去の投稿 ➜ コチラ

松下記念病院 川崎達也)

2021-05-06

👴 歴史クイズ

(Public Domain)


松下記念病院 川崎達也)

2021-05-03

凹 ➜ 凸 ➜ 凹

息切れが辛くて受診した症例

🐶 解説
  • 内頸静脈の周期的な陥凹が額下まで観察可 ➜ 中心静脈圧の高度上昇
  • 深吸気止めで内頸静脈の拍動は陥凹から隆起に変化 ➜ ランチシ徴候
  • 深吸気の息止め終了後には内頸静脈拍動は隆起から陥凹に戻っている
  • ちなみに外頸静脈の怒張は深吸気止めの終了後に拍動が出現している

🐷 おまけ発言
  • 内頸静脈の収縮期陽性波(巨大v波あるいはcv merger)を意味するランチシ徴候(ランチージ徴候)は高度の三尖弁逆流を示唆します.よって本例の呼吸負荷による内頸静脈の反応(凹 ➜ 凸)は,肺高血圧が容易に(さらに)上昇する病態が考えられます.肺高血圧の増悪は負荷心エコー図の専売特許ではありません.
  • 内頸静脈の巨大v波にも関わらず,三尖弁逆流がほとんど観察されない症例も少なからず経験します(特に開心術後症例).その理由は不明ですが,stiff LA syndromeが背後にあるためと思っています.開心術中に切開された心房がコンプライアンスを失うことは想像に難くありません.右房も含むためstiff RA syndromeまたはstiff atrial syndromeと呼ぶ方が正確かもしれません.
フィジカル 広場 心臓 physical exam examination
松下記念病院 川崎達也)

2021-04-29

マスクでマスク

NT-proBNP値の軽度上昇で受診した無症状の症例


フィジカル 広場 心臓 physical exam examination クスマール
松下記念病院 川崎達也)